ごはん、ときどき庭仕事

ごはん、ときどき庭仕事

料理や日々のこと、夫が庭仕事について綴ります。

麻婆かぶ

12月10日の夜ごはん。

 

f:id:gohan-niwashigoto:20181212144512j:plain

 

麻婆かぶ、ブロッコリーと卵の塩炒め、

広島菜のじゃこおひたし、白菜人参のおみそ汁。

 

 

 

大きなかぶがあるので、

はじめての麻婆かぶ。

 

 

かぶは大きめに切って、

はじめにこんがりと焼きました。

 

やっぱり豆鼓を入れるとコクが出ておいしい。

夫は花椒たっぷりが好きだけど、

かぶの甘みも味わいたかったので、花椒は控えめ。

 

f:id:gohan-niwashigoto:20181212144703j:plain

 

かぶがたまらなく美味しい!

大きめにして正解だったな。

 

生姜をたっぷりきかせたので、

身体もぽかぽか。

 

ごはんがとっても進みました。

 

豚肉と白菜の酒粕煮

12月9日の夜ごはん。

 

f:id:gohan-niwashigoto:20181210141632j:plain

 

豚肉と白菜大根の酒粕煮、大根と大根葉の浅漬け、

れんこん人参のきんぴら。

 

 

 

きのうもすっごく寒い日だったので、

酒粕を使った汁物が食べたくて、酒粕煮。

 

f:id:gohan-niwashigoto:20181210142303j:plain

 

煮汁は、お出汁、お醤油、みりん、お砂糖、酒粕、お味噌。

酒粕って、溶かすのがちょっと面倒。

 

大根が柔らかくなったら、白菜、最後に豚肉を入れました。

 

 

久しぶりに食べた酒粕料理、

ものすごくぽかぽか温まります。

食べてるときがしあわせ。

 

お野菜いっぱいの酒粕鍋もいいなあ~。

 

コンソメなしのポトフ

きのうから一気に冷え込んで、雪もちらちら。

温かいごはんが美味しく食べられるけれど、

やっぱり寒いのはにがて。。。

 

 

 

12月7日の夜ごはん。

 

f:id:gohan-niwashigoto:20181209133245j:plain

 

ポトフ、自家製カンパーニュ、

白菜サラダ、かぼちゃコロッケ。

 

 

 

ウインナー、じゃがいも、たまねぎ、にんじん、

れんこん、ブロッコリーのポトフ。

 

コンソメやブイヨンは使わずに、

お水、ローリエ、お塩だけでことこと。

 

 

f:id:gohan-niwashigoto:20181209133446j:plain

 

ポトフって、お野菜そのものの味を

存分に楽しめて、とってもすきなのです。

 

お野菜やウインナーからの旨みがたっぷりのスープも

ものすごくおいしい。

 

 

 

f:id:gohan-niwashigoto:20181209133653j:plain

 

かぼちゃの簡単コロッケ。

 

柔らかく蒸し煮したかぼちゃをつぶし、

バター、塩こしょうをまぜて丸める。

フライパンでパン粉を空煎りして、

丸めたのを転がしながらパン粉をまぶす。

その後、トースターでカリッと焼いて完成。

 

先日の「ロロンカボチャ」を使ったのだけど、

やっぱり水分多めでかなり柔らかかったな。

 

 

エスニックそぼろ丼

12月6日の夜ごはん。

 

f:id:gohan-niwashigoto:20181207131239j:plain

 

エスニックそぼろ丼、大根のおかかあえ、

かぼちゃのぽくぽく煮、のりのおみそ汁。

 

 

夫は飲み会でごはんがいらないので、

ささっと簡単ごはん。

 

 

 

先日、産直市で買ったかぼちゃ。

 

f:id:gohan-niwashigoto:20181207131538j:plain

 

ラグビーボール型のかぼちゃ。

調べてみると、「ロロンカボチャ」というみたい。

 

高山なおみさんの大好きなぽくぽく煮に。

 

このかぼちゃ、結構さらさらっとして粉っぽい。

かぼちゃ自体の甘みも控えめかな。

煮物よりはソテーとかの方がいいかも。

きめ細かいから、つぶして使うような料理にも向いてるみたい。

 

 

 

エスニックそぼろ丼は、長尾智子さんのレシピ。

 

f:id:gohan-niwashigoto:20181207133217j:plain

 

家庭菜園のパクチー

まだ小さいけれど、ちょっと拝借。

 

レシピは鶏ひき肉を使っているけれど、

豚ひき肉で代用しました。

 

f:id:gohan-niwashigoto:20181207133325j:plain

 

ナンプラーパクチーの組み合わせ、

美味しくてしあわせ。

 

かぼすをきゅーっと絞って風味が変わるのもすき。

 

残ったカレーでカレーうどん

12月5日の夜ごはん。

 

f:id:gohan-niwashigoto:20181206140848j:plain

 

カレーうどん、かぶの甘酢あえ、

小松菜の柚子胡椒煮びたし

 

 

 

前日のカレーの残りでカレーうどん

 

余ったカレーに、自家製めんつゆとお水を加え、

水溶き片栗粉でとろみをつけただけ。

温泉卵とねぎをトッピング。

 

 

f:id:gohan-niwashigoto:20181206141224j:plain

 

カレーライスからのカレーうどんが食べたいと

夫のリクエストがあったので、

久しぶりに日本のカレー。

グリーンコープのルーを使いました。

 

 

「こんな美味しいもんが連続で食べれて

カレーってすばらしいな!」と夫。笑

 

 

 

今日のランチは、少し余ったカレーうどんのおつゆを、

またアレンジしてドリアに。

 

f:id:gohan-niwashigoto:20181206143233j:plain

 

牛乳を足してごはんと混ぜ合わせ、

茹で卵をのせてたっぷりのこしょう、チーズをかけて

トースターでこんがり。

 

 

やっぱりカレーすきだな。満足です。

 

やげん軟骨の塩焼き

12月3日の夜ごはん。

 

f:id:gohan-niwashigoto:20181205142831j:plain

 

やげん軟骨の塩焼き、大根葉じゃがいものオープンオムレツ、

大根の煮物、あおさと玉ねぎのおみそ汁。

 

 

 

グリーンコープやげん軟骨が売られていたので、

はじめて自分で調理してみました。

 

f:id:gohan-niwashigoto:20181205143220j:plain

 

カリッと蒸し焼きにして、塩こしょうをたっぷり。

間違いなくおいしい。夫もビールが進んでいたよう。

しっかり噛まないといけないからお腹にたまるし、いい食材!

 

 

 

f:id:gohan-niwashigoto:20181205143636j:plain

 

大根葉とじゃがいものオープンオムレツ。

 

ゆでたじゃがいもと大根葉をさっと炒めたらバターを加え、

牛乳入りの卵液をいれて、蓋してじっくり火を通しました。

この組み合わせ、おいしかった~!

ケチャップとかつけなくても、バターの風味で十分。

 

 

f:id:gohan-niwashigoto:20181205143924j:plain

 

前日の鶏チャーシューの煮汁を薄めて、

大根をことこと。

柔らかい大根に煮汁がしゅんで、美味しくてうれしい。

 

鶏むねチャーシュー

12月2日の夜ごはん。

 

f:id:gohan-niwashigoto:20181203143926j:plain

 

鶏むねチャーシュー、ラディッシュの葉の塩もみ、

大根と人参なます、春菊えのきのおみそ汁。

 

 

 

むね肉がものすごく柔らかくなる鶏チャーシュー。

沸かした煮汁にお肉を入れて、

裏表5分ずつくらい火を通したらそのまま余熱。

とってもらくちん。

 

f:id:gohan-niwashigoto:20181203144046j:plain

 

むね肉がしっとり、とっても柔らかくなっておいしい。

夫が育ててくれたラディッシュを添えて。

ころんとかわいい。

 

 

f:id:gohan-niwashigoto:20181203144358j:plain

 

ラディッシュの葉っぱ。

ひょろっと赤い部分は、まーるい実にならなかったもの。

一緒に塩もみしました。

 

 

f:id:gohan-niwashigoto:20181203144532j:plain

 

採れたてのお野菜を美味しくいただけるのは、

身体も心もとってもうれしい。

夫に感謝です。